スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Ebates Cash Back Button(ブラウザー拡張ボタン)でキャッシュバック忘れを防止!

何年も前からこのブログで推しているアメリカ・オンラインショッピング用キャッシュバックサイト、Ebates

どうやら、もう10年以上も会員のようです。キャッシュバック累計はなんと$1700を超えていました(どれだけオンラインで買ってるかと思うと、逆にコワイですけど…笑)

ebates-earnings.png

記事として書いたのも2007年のこと。初めて聞いた〜という方、詳細は以下をご覧ください。

ショッピングしてリベートが(本当に)もらえるeBates.com

さて、今回はそのEbatesの利用がさらに便利になるブラウザー拡張ボタン「Ebates Cash Back Button」というものをご紹介します。

便利ポイント

Ebatesはキャッシュバックを貯めるためにショッピング前にebates.comからリンククリックをしないといけないのですが、これをつい忘れることがあります。拡張ボタンを入れておけばその心配はナシ!キャッシュバックが適用されるショップに行くだけで自動的にプロモコードが適用されるので、確実に貯めることができます。

使い方

まずはEbatesのサイトを開きます。下の方にスクロールダウンして、フッター中央辺りにある「Ebates Button」というリンクをクリック。

ebates-footer-navi.png

次の画面で「Get the Button」というボタンをクリック。

ebates-install-button.png

続いて表示される確認ポップアップで「拡張機能を追加」をクリック(これはChromeブラウザーの場合です)。

ebates-add-button.png

追加後にキャッシュバック対応のサイトに行くと、以下のようにページ上部にEbatesのボタンが表示されます。ショッピング前に、このボタンをクリックしましょう。

macys.png

ブラウザーの拡張ボタンが、緑で囲まれている状態になっていればキャッシュバック有効化中の印です。

ebates-green.png

手間が省けるのでちょっとしたキャッシュバックも見落とすことがなくなり、かなり便利になりますよ。

拡張ボタンを活用して、Ebatesでコツコツとキャッシュバック貯めていきましょう〜!

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : ネットショッピング
ジャンル : ライフ

アメリカで(日本風)年賀状の準備。オンラインサービスで便利&オトク!

11月になりましたね!

日本ではそろそろ郵便局などで年賀状準備の広告をよく見る時季ですよね。アメリカでは冬といえばクリスマスカード、ホリデーカードを送るのが定番ですが、封書のホリデーカードを送るよりもハガキの方がお得で手軽だなと思う相手(親戚、ちょっとした知り合い)もいるので、私は相手によってカードか年賀状か使い分けています。

(決済にはそれぞれ、日本のクレジットカードやデビットカードが必要になると思いますのでご注意ください)

1. 年賀状プリントサービスで日本国内から郵送

個人的におススメの方法がこちら。値段で言えば最もオトクかもしれません!

現在アメリカから日本にはがきを送るのは、送料だけで$1.15

日本のプリントサービスでカスタマイズした年賀状を作って、直接そちらから郵送してもらえば最低30円(プリント代・税込み)+52円(国内切手代)で、たったの82円です!

11月7日までは早割でプリント代もなんと20円で済むそうですよ。オリジナルのデザインも可愛いのが多いし、住所を手書きする手間もかからないし、しまうまプリントさん本当にオススメです。

2. ダウンロード版の年賀状作成ソフト+郵送

せっかくアメリカに住んでるんだからあえて国際郵便で年賀はがきを出したい、という方は、ダウンロード版の筆まめや筆ぐるめといったソフトを使ってみてはいかがでしょうか。

自分で郵送するなら手書きでコメントを書けるというメリットもありますね。

筆まめVer.27 ダウンロード版 / 販売元:ソースネクスト株式会社

筆ぐるめ 24 【ジャングル】【ダウンロード版】

3. 年賀状作成ソフト+メールで送信

さらに節約したいOR手軽に送りたいという相手には、前述の年賀状作成ソフトを使って作った画像をメールやLINEで送ったり、Facebookのタイムラインにアップロードしてまとめてご挨拶!という手もあります。

fudegurume.png

(上記の画像は筆ぐるめ 24のページより)

ご挨拶する相手が多いとバカにならない切手代、カード代。うまく使い分けてぜひ節約・時短を図ってみてくださいね! にほんブログ村 海外生活ブログへ

デパートのオンラインストアが母の日プレゼントの通販にいい感じ

もうすぐ母の日です。移住して以来、日本に住む母親へのプレゼントはこれまで楽天がやっている「母の日特集」から探すことがほとんどでした。

ポイントがたまる、送料無料のショップも多い、値段が手頃なものが見つかる、など結構満足はしていたんですが、今年はなんとなくピンと来る商品がなくて、他のオンラインストアも眺めてみました。そこで、デパートの通販がなかなか良いのでは!?という結論に達したので、いくつかのお店を紹介します。

もくじ

続きを読む

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : ネットショッピング
ジャンル : ライフ

30万以上の取扱説明書がダウンロードできるマニュアルズ・オンラインが便利!

家にある紙類を整理したいと思った時、なかなか捨てづらいけど溜まってしまうのが家電などの取扱説明書。そんな悩みを解決してくれるサイト「Manuals Online(マニュアルズ・オンライン)」というものがあります。

Manuals Online スクリーンショット

ダウンロードできるマニュアルの数は30万以上、登録されている製品は60万個以上。プロダクトIDやブランド名空検索ができます。

これだけでももちろん便利ですが、会員登録するとその他にもいろいろと機能が利用できるようになるというおまけつき。

続きを読む

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

古本買取価格比較サイト、BookScouter.com

クリスマスも終わりのんびりと過ごせる(?)この時期に、大掃除も兼ねて古本を処分したい!という方もいるのではないでしょうか。そこで活躍するのがBookScouterというサイトです。

BookScouter.com ロゴ

アメリカで学生をやっている方はセメスターが終わって教科書を売ったりすることもよくあると思います。古本でも価値があるものは数十ドルとか意外に高値で買ってもらえるので嬉しいですよね。BookScouterでは、教科書だけではなくていろんな本を買い取ってくれるサイトを一括で調べて、買取値を一覧表示してくれるのです。

BookScouter 買取価格サンプル

教科書以外だと売値のつかないものもあるし1~5ドル程度が相場という感じですが、たくさん本があればそれなりのお小遣いにはなります。なにより捨てなくてすむのがいいですしね。

私の場合、比較して何冊かずつまとめ、数カ所に送ってみることにしました。結果はこんなかんじ。

買取サイト 合計金額 冊数 支払い方法
Book Jingle $39.30 8冊 PayPal
Valore Books $38.69 10冊 チェック郵送
Amazon.com Buyback $16.22 2冊 Amazon.com クレジット
textbooks.com $11.50 4冊 PayPal
Powells.com $12.75 5冊 PayPal(Powellsクレジット選択なら増額あり)

29冊の買い取りで、合計 $118.46!悪くない値段です。

すべての買取サイトでは、家で印刷できるUPSまたはUSPSのラベルも無料で印刷できるようになってるので売るためのコストは全く掛かりません。郵便配達の人がoutgoing mailもピックアップしてくれる地域なら、梱包してラベルを張った箱を家の前においておけば重い本を郵便局に持っていく手間も省けてらくちん。

さらに…もしiPhoneをお持ちなら、BookScouterアプリも超おすすめです!バーコードをカメラでスキャンして読みとってくれるので、ISBNコードを手動入力する手間が省けますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

ちどり

Author: ちどり

ネットやラジオ、クチコミなどで知った実用的で生活に便利な情報をシェアしたくてブログを始めました。
» もっと詳しく
お問い合わせフォーム

ブログ内検索
Sponsored by
アクセス順人気記事TOP5
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ

管理人の厳選おすすめ!

自分で使ってみて本当におすすめのサービスだけをご紹介しています。

Dropbox
複数パソコンのファイルの同期に
超便利な「Dropbox


アメリカからも購入可能な
楽天海外販売

Ebates
1000以上のショップでキャッシュバックがもらえる「Ebates」(関連記事

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。