FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

eBayよりも簡単、確実!使用済みガジェット買い取りサイト

My Gadget Drawer

Photo by craig1black by-nc

日本では古本屋のブックオフ系列のHARD OFFなどがあったり、家電屋さんなどでも買い取り、下取りをしてくれるところが多い気がしますが、アメリカで使用済みの古いガジェットを売るならeBay、Craigslist、ガレージセール、といったところが定番ですよね。

でもeBayは手数料や手間がけっこうかかったり、他の方法でも交渉やセットアップが面倒、確実に売れるとは限らない、などなど、おっくうになる材料がいくつかあって、結局古いガジェットは使ないままほったらかし…ということを経験した方も多いのでは。

そこで、iPod、パソコン、携帯電話、デジカメ、ゲーム機他、買い替えた後などに処分したいと思っている方へ、オンラインで価格査定ができ、郵送すれば(壊れていても!)買い取ってくれるサイトを2つご紹介します。

SecondRotation

サイト: http://www.buymytronics.com/
査定画面に製品画像があって、カテゴリ分類も分かりやすいので、お試し査定してみるのにおすすめ。今後の価格の移り変わり表もあり、参考になります。GPS機器も買い取ってくれたり、大量買い取りもあり。入金はPayPalまたはチェックで、7営業日以内。売り上げをチャリティ団体などに寄付することもできます。

BuyMyTronics.com

サイト: http://www.buymytronics.com/
サイト上で査定したあと製品を郵送し、受け取った48時間以内にPayPalアカウントへ送金してくれます。

私も手持ちの携帯電話やデジカメなどを査定してみましたが、数十ドル程度とはいえかなり古くても買い取ってもらえるのに驚きました。

使わないからといってガジェット類をゴミとして捨てるのはもってのほかですが、リサイクル&リユーズするにもこういう便利で得するサービスがあるというのはほんとにうれしいですね。

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

あなたの庭にもネイティブ・プラントを!

環境への感心が高まるにつれて、身近なところから「グリーン」に!と、ガーデニングを始める方も増えているはず。ところで皆さんは、ネイティブ・プラントとかネイティブ・フラワー(native plant/flower)という言葉を耳にしたことがありますか?

ネイティブ・プラント(フラワー)とは、日本語でいえば「在来種」。読んでの通り、その土地に昔からある植物や花のこと。アメリカでの場合、1700年代にヨーロッパからの移民が来るより前から存在していた種類のことを指すそうです。

昔から自然に生えていた植物だけあって、土地の気候や土に合っているのはもちろん、害虫や小動物などの外敵にも強いのが特徴。水やり、殺虫剤や肥料の使用を最小限に抑えられるので、環境への影響が少なくて済むし、手間もかからないのです。

住んでいる地域のネイティブ・プラントを知りたい場合、大型ホームセンターよりは、地元のガーデニングショップで昔から働いている店員さんなどの方がよく知っている可能性が高いです。

ネットではWildflower.orgの州別おすすめネイティブ・プラントや、eNature.comのネイティブガーデニングと外来種ガイドなんかが役に立つはず。カーネギーライブラリーのリンク集もおすすめです。住んでいる州の大学のサイトにデータベースがあることもあるので、州名またはエリア名+native plantsで検索してみて下さい。

本も色々出ているので、図書館や地域の本を扱っている本屋さんで手に入ると思います。 にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

使いやすく体と環境に良い携帯用ウォーターボトルの選び方

Sigg bottles in Whole Foods

Photo by Jeffery Simpson by-nc-sa

前に「ペットボトル入りの水を買わないようにしている理由」というような記事を書いたのですが、外出時はペットボトルの代わりに携帯用ウォーターボトルを使うのに慣れると、ペットボトルを買うのがものすごくもったいなく感じられて節約できると利点もあります。

マイ・ボトルを選ぶ際に、どのボトルが実用&環境&安全面でおすすめなのかが分かる記事をいくつかご紹介します。友達や家族にも実行してもらえるようプレゼントするにしても、読めば説得力が増すこと間違いなし!

まずはNew York Timesの記事、「The (Possible) Perils of Being Thirsty While Being Green」。ペットボトルは繰り返して使うために作られていないので、安全性に関しては問題があるとか。ライターさんは「子供がすぐなくすのでステンレス製やアルミ製の高い($15くらい)ボトルはちょっとね…」と書いてますが、自分のものはなくさないようにする、長く大事に使う、というふうに物の大切さを教えてあげるのも大事なんじゃないかなぁ?と思ってしまいました。

次はSlate.comの記事、「Message in a Bottle - Reusable Water Bottles You'll Actually Want to Use.」。科学的実験とまではいかないけど、実際に使ってみて比較調査して商品レビューが書かれています。バラエティに富んだボトルの使用感が分かります。

プラスチック製のボトルの違いや安全性に関しては、National GeographicのTapped Out: The True Cost of Bottled Waterが分かりやすいです。

これらの記事を参考にまとめてみると、おすすめな素材としては、

  • 耐久性、安全性が高いアルミ製(Siggなど)
  • 耐久性では少し劣るけど安全で軽いHTDE(高密度ポリエチレン、#2)またはLDPE(低密度ポリエチレン、#4)のプラスチック製(CamelbakPlatypus、軟質のNalgeneなど)
  • ちょっと重いのが難点だけど安全で保温、保冷効果に優れたステンレス製(Thermos、Nissan、Kleen Kanteenなど)

といったあたり。その他には、

  • 携帯性はないけど見た目の良さ&安全性では納得のガラス製(Aquasanaなど)
  • 耐久性があり軽いけど安全面では少し疑問の残るLexanプラスチック製(硬質のNalgeneなど)

などもありますが、Lexanの方は安全性の点で疑問視されているので気をつけた方がいいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

スキンケア、化粧品などの安全性をチェック!Skin Deep: Cosmetic Safety Database

Skin Deep重曹など安全な材料を使ったナチュラルな掃除方法に興味を持ち始めてから、シャンプー、スキンケア商品、化粧品などの原材料や安全性も気になるようになってきました。

何が含まれているのか、そしてその成分は安全なのかをしっかり調べてから買いたい!とは思いつつ、限られた知識では手間がかかるなぁ、と考えていたところ、Skin Deep: Cosmetic Safety Databaseというぴったりなサイトを見つけました。

Environmental Working Groupという非営利団体が運営しているこのサイト、現時点で29,263の商品、7,341の原材料がデータベースに含まれているそうです。

商品名やブランド名などで検索すると、薬品の分類ラベルのような詳細情報が出てきます。危険性のレベルを0から10までで表示してくれるので分かりやすい上、「better product」として同じ種類(たとえば歯磨き粉、口紅、など)で危険性が低い商品も見つける事ができるのが便利です。

その他動物を使ったテストをしているか、特に危険な成分が含まれているか、パッケージの注意書きには何が書かれているか…などなど、お店でラベルを見比べるよりも簡単に必要な情報が手に入ります。

まずはおうちにある商品を検索してみてはいかがでしょう?ベビー&キッズやペット用商品のデータもあるそうなので、子供さんやペットがいる方にもおすすめです。 にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : コスメ・美容
ジャンル : ヘルス・ダイエット

メールで本が読めるサイトDailyLit.com

Daily Lit ロゴアメリカでは日本よりもオーディオブックの人気があるし、Amazon.comからは電子読書デバイス、Kindleなんてものも出てきていますが、「メールで本が読める」というサイトがあるのをご存知ですか?

DailyLit.comでは、「毎日メールを読み書きするのに長時間費やして本を読む暇がない人のために」、メールで本のテキストを送ってくれるというサービスを行っています。

メールで送られてくるのはもちろん本一冊分ではなくて、5分程度で読める短い文章。メールの画面なら1~2スクロールくらいでしょうか?サンプルは無料で見る事ができるし(例: 「Skinny Bitch」のサンプル)、無料で読める本もあります。

すきま時間を活用できるという分かりやすい利点に加え、私的に嬉しいポイントは4つ。

  • 新刊も安い!例えば「Skinny Bitch」。これ、正価は約$13、Amazon.comでの現在の価格は約$11。DailyLitなら$4.95です。
  • モノが増えない!情報として読む本なら一度読めばいいし、あげたり捨てたりという処理を考えなくて済みます。その上、もし保存しておくにしても場所をとらない。
  • メモしたり翻訳ソフトを使ったりしやすい。テキストデータで読む利点は、コピペも簡単にできること。気になる箇所を抜き出したり、あとから検索するのも楽々~。
  • 毎日続けて読む習慣をつくりやすい。昔から読もうと思っていたけどなかなか手を付けられなかったクラシックノベルなどを購読してみては?私もまずはお試しで無料のそういう本を読んでます。

ちなみにRSSフィードバージョンもあるので、RSSリーダーやRSS更新情報対応ブラウザを使っている人にはこちらもおすすめ。未読メールを貯めずにすむし、週に何度かまとめて読むのにもいいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

「エコ/グリーン」な税控除、リベートなどが検索できる GreenMadeSimple.com

環境への影響が少ない車を買ったり、増改築で省エネ対策をすれば税控除がある…とかいうことを小耳にはさんだものの、詳しい情報ってどこで見つかるんだろう?と思った事はありませんか?

そんなとき役に立つのがGreenMadeSimple.comというサイト。ZIPコードを入れるだけで、あなたの地域で利用できる税控除やリベートなどのオトクな情報が検索できます。

GreenMadeSimple.com

例えばこんな情報があります。

家電リサイクルリベート

家電をリサイクルするとリベートがもらえます。例えば冷蔵庫なら$35など。
詳細: PG&E Recycling Rebates

ハイブリッド車保険料割引

ハイブリッド車の場合最大10%保険料が割引になります。
詳細: Farmers Insurance / Travelers Insurance

省エネ対策用ローン

省エネのための改築などに使える公的ローン(Mortgage)。
詳細: Freddie Mac / FHA Fannie Mae

州の税控除や、利用できるサービスなどが地域によってかなり違うと思うので、ぜひZIPを入れて検索してみて下さい。その他にも住宅の省エネのためにできるアイディアがたくさん載っていてためになります。

リサイクルとかエコバックを使うといった小さな心がけももちろん大事ですが、こういった情報を使って根本的に省エネ、省資源の暮らしができるような基盤を作っていく事も同じだけ大事だと思います。そのうえ節約もできるのが最高!ですね~

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

常温でバターを1ヶ月保存できるバターキーパー(バターベル)

料理にはなるべくオリーブオイルなどの植物性の油を使うようにしていますが、マーガリンよりはバターの方が自然に近いかな?と思って、バター(Trader Joe'sの無塩オーガニックバター)も常備しています。

今まではバタースティックをトーストに押し付けて塗るという怠け者な使い方をしていたのですが、常温で1ヶ月バターを保存できる!というフレンチ・バターキーパーという商品を見つけました。バターベル(Butter Bell)、バタークロック(Butter Crock)とも呼ばれているようです。

butter crock ready for use

バターをふたについているくぼみに入れ、水の入った容器にひっくり返してかぶせます。適度な水分が密閉と保存に役立ってくれるそうで、キッチンカウンターに置きっぱなしでOK。夏などは水を頻繁に換え、早めに使い切るようにした方がいいと思いますが、基本的にこれだけで保存できてしまうんです。詳しい使い方はこちらのサイトに書いてあります

上の写真はfrancistomsさんという方の手作りだそうです。こういった素朴な陶器のものはEtsy.comにありました。20ドル~40ドル前後です。

こちらはNorproというメーカーのもの。8ドル程度でお手頃です。10〜25ドルくらいで買えるものなら、Amazon.comにもたくさんあります

アメリカではそんなによく見かけることはないですが、フランスを始め、ヨーロッパではポピュラーなバターの保存方法らしいです。冷蔵庫から出したバターは塗りにくくってイヤ!電子レンジで柔らかく戻そうとしたらつい溶かしすぎてしまう!という方、ぜひお試し下さい。

続きを読む

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

電化製品を買うならチェックしたいサイト「Wize.com」

Wize.com ロゴ

消費者参加型の商品レビュー系サイトが大好きな私…(笑)。
今回ご紹介するのは、家電レビューに強い「Wize.com」というサイトです。

このサイトのいいところは、各方面からのレビューを統合して分かりやすく表示してくれている点。評価の高い商品は、100点満点の点数が「WizeRank」として表示されています。キャッチフレーズは「Millions of Opinions. One Score.™」なんですが、これってすばらしく上手にこのサイトを表していると思います。

例えば、炊飯器カテゴリ。

Wize.com 炊飯器カテゴリ

レビュー数、値段、写真などがぱっと目に入って選びやすいですよね。

このサイト自体では商品販売をしていませんが、色んなお店の価格比較もできます。テレビなどの大型家電からヘアドライヤーなどの小物まで、ありとあらゆるものがチェックできて非常に便利。アメリカに来る前に、「こういう商品ってアメリカで買えるのかな?いくらくらいなのかな?」っていう相場が知りたい方にもおすすめです。

もし新しい家電を買うのならこういったサイトを活用していいものを選び、長く大事に使いたいものです。また、こういうサイトのフィードバックを元に、メーカーも私たちが欲しい商品をもっとよく分かってくれるようになるといいなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

ちどり

Author: ちどり

ネットやラジオ、クチコミなどで知った実用的で生活に便利な情報をシェアしたくてブログを始めました。
» もっと詳しく
お問い合わせフォーム

ブログ内検索
Sponsored by
アクセス順人気記事TOP5
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ

管理人の厳選おすすめ!

自分で使ってみて本当におすすめのサービスだけをご紹介しています。

Dropbox
複数パソコンのファイルの同期に
超便利な「Dropbox


アメリカからも購入可能な
楽天海外販売

Ebates
1000以上のショップでキャッシュバックがもらえる「Ebates」(関連記事

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。