FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

アメリカで(日本風)年賀状の準備。オンラインサービスで便利&オトク!

11月になりましたね!

日本ではそろそろ郵便局などで年賀状準備の広告をよく見る時季ですよね。アメリカでは冬といえばクリスマスカード、ホリデーカードを送るのが定番ですが、封書のホリデーカードを送るよりもハガキの方がお得で手軽だなと思う相手(親戚、ちょっとした知り合い)もいるので、私は相手によってカードか年賀状か使い分けています。

(決済にはそれぞれ、日本のクレジットカードやデビットカードが必要になると思いますのでご注意ください)

1. 年賀状プリントサービスで日本国内から郵送

個人的におススメの方法がこちら。値段で言えば最もオトクかもしれません!

現在アメリカから日本にはがきを送るのは、送料だけで$1.15

日本のプリントサービスでカスタマイズした年賀状を作って、直接そちらから郵送してもらえば最低30円(プリント代・税込み)+52円(国内切手代)で、たったの82円です!

11月7日までは早割でプリント代もなんと20円で済むそうですよ。オリジナルのデザインも可愛いのが多いし、住所を手書きする手間もかからないし、しまうまプリントさん本当にオススメです。

2. ダウンロード版の年賀状作成ソフト+郵送

せっかくアメリカに住んでるんだからあえて国際郵便で年賀はがきを出したい、という方は、ダウンロード版の筆まめや筆ぐるめといったソフトを使ってみてはいかがでしょうか。

自分で郵送するなら手書きでコメントを書けるというメリットもありますね。

筆まめVer.27 ダウンロード版 / 販売元:ソースネクスト株式会社

筆ぐるめ 24 【ジャングル】【ダウンロード版】

3. 年賀状作成ソフト+メールで送信

さらに節約したいOR手軽に送りたいという相手には、前述の年賀状作成ソフトを使って作った画像をメールやLINEで送ったり、Facebookのタイムラインにアップロードしてまとめてご挨拶!という手もあります。

fudegurume.png

(上記の画像は筆ぐるめ 24のページより)

ご挨拶する相手が多いとバカにならない切手代、カード代。うまく使い分けてぜひ節約・時短を図ってみてくださいね!
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちどり

Author: ちどり

ネットやラジオ、クチコミなどで知った実用的で生活に便利な情報をシェアしたくてブログを始めました。
» もっと詳しく
お問い合わせフォーム

ブログ内検索
Sponsored by
アクセス順人気記事TOP5
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ

管理人の厳選おすすめ!

自分で使ってみて本当におすすめのサービスだけをご紹介しています。

Dropbox
複数パソコンのファイルの同期に
超便利な「Dropbox


アメリカからも購入可能な
楽天海外販売

Ebates
1000以上のショップでキャッシュバックがもらえる「Ebates」(関連記事

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。