スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

私がペットボトル入りの水を買わないようにしている理由

Photo by darrylh by-nc-nd

アメリカでは日本のように、自動販売機やコンビニで甘くない飲み物(お茶など)があまり売られていないし、水のボトルを購入される人も多いと思います。

私もタイトルで「買わない」とは言わず「買わないようにしている」と書いただけあって、どうしても他に水分補給のいい手段がなくて買ってしまうことも、なくはないのですが…。

買うのを控えている主な理由は、
  1. ペットボトルをリサイクルするよりも、買わない方が環境にいいから(輸送費、パッケージ費、マーケティング費など無駄が多い)
  2. アメリカの水道水の安全性に関する法律の方がボトル入り水より厳しいから
  3. 水道水+浄水器のほうがよっぽど安いしゴミが少ないから
という3つです。

2つめについて補足しておきます。水道水がカルキ臭くてマズい!という方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカの水道水(tap water)はEPA(環境保護庁)の厳しい規制のもとに管理されています。

ボトル水の方はというと、生産された州の中で消費されているためFDA(食品医薬品局)の規制をまったく受けていない商品も多いし、FDAよりEPAのチェックの方が厳しいとか(参考資料)。

また、ローカルで手に入る水道水を飲まずにボトル水を飲む人が増えれば、「誰にでも安価に飲める水道水の安全性を高めるべき」という本来正しい方向に議論が進まない、と問題を唱える人もいます。

Brita のピッチャーカルキ臭さと残留薬品をフィルターするため、家では写真のようなBrita製の浄水ポットを使って水道水を飲むようにしているし、コーヒー・お茶や料理もこれで。外出の時にこの水を入れたスポーツ用みたいなウォーターボトルを持って出る時もあります。

フィルターカートリッジは3ヶ月に1度変えるだけでOK。十分おいしいし、ボトル水を買ってくる手間も置く場所も必要ないので断然らくちんです。

ボトル水と水道水の比較については、以下の記事にも分かりやすく書かれています。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのページをおすすめ。→NRDC: Bottled Water - Pure Drink or Pure Hype?
関連記事を読んだり調べたりすればするほどボトル水はいらない!って思えてくること請け合いです。

この中のEXECUTIVE SUMMARYだけでもかなり情報があります。これによると、ボトル水の25-40%が実際は自然の湧き水などではなくて「水道水」そのものだったり、フィルターされた水道水だったりするとか!

節約&環境保護のための「裏」ワザではなく正統派ワザとして、水道水+浄水器の活用をぜひぜひおすすめしたいと思います!
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ : エコライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ちどりさん、こんにちは!
私も家ではちどりさんのと同じフィルター付きボトルを持って使ってます。でもフィルター3ヶ月に1回も代えるんですか、ずっと使ってました(汗)。このフィルターもリサイクルできればいいのですが、できないみたい(?)ですよね。環境に気を使うのは本当に大切!楽しみながらリサイクル運動にかかわっていけるようお互い頑張りましょう!

sayapipiさんへ

ふーむ、ブリタのフィルターはドイツ、イギリス、アイルランド、フランス、スイスでしかリサイクルしていないようです。
http://www.brita.net/recycling.html?L=0#1
北米でのリサイクルも始めて欲しいものですね~。

交換時期はこのサイトでは約2ヶ月となっていました。あれ?私が勘違いしていたのかな?
http://www.brita.net/jp/classic_cartridge.html?&L=15
プロフィール

ちどり

Author: ちどり

ネットやラジオ、クチコミなどで知った実用的で生活に便利な情報をシェアしたくてブログを始めました。
» もっと詳しく
お問い合わせフォーム

ブログ内検索
Sponsored by
アクセス順人気記事TOP5
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ

管理人の厳選おすすめ!

自分で使ってみて本当におすすめのサービスだけをご紹介しています。

Dropbox
複数パソコンのファイルの同期に
超便利な「Dropbox


アメリカからも購入可能な
楽天海外販売

Ebates
1000以上のショップでキャッシュバックがもらえる「Ebates」(関連記事

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。