スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

自家製雑穀ミックスをつくろう! in アメリカ

mixed grain and beans

Photo by TSalon by-nc

最近日本ではどこのスーパーでも売っている雑穀ミックス、アメリカの日本食材屋さんでもよく見かけます。私はこういうマルチグレイン系が大好きなのですが、パックを買ってもすぐなくなってしまうので、自分で作っています。

自家製なら、パックを買うより安い&栄養や味を考えて好きなミックスを作れる、という利点もあります。パックは1回あたり数ドルするものもありますが、自家製ミックスなら(ブレンドにもよりますが)同じ値段で5倍以上の量ができるはず。

作り方は、その時々で家にあるものを1/3~1/2カップ程度適当にブレンドして、水を気持ち多めにして炊くだけ。

配合をメモしておいて、気に入った味に仕上がったら、ブレンドしたものを空き瓶などに入れておくと次からより簡単に使えます。アメリカで比較的手に入りやすい雑穀を挙げてみます。

  • アマランサス(amaranth)
  • キノア/キヌア(quinoa)
  • ごま(sesame seed)
  • 大麦(barley)
  • マコモ/ワイルドライス(wild rice)
  • タカキビ(sorghum)
  • キビ(millet)
  • テフ(teff)
  • スペルト(spelt)
  • カムート(kamut)
  • さらに、豆類も入れることもあります。硬めに煮たものを炊飯器に入れて一緒に炊くことが多いので、たっぷり煮て冷凍しておきます。ただし、レンズ豆やスプリットピーは浸水しておけば、他の雑穀と一緒に入れて炊くだけでOK。

    • 大豆(soy beans)
    • 小豆(azuki beans)
    • 黒豆(black beans)
    • レンズ豆(lentils)
    • スプリットピー(split peas)
    • スプリットピーはグリーンピースをひきわりにしたものなので、白米と混ぜて炊くだけで「豆ご飯」が簡単にできますよ。

      雑穀類は大きなスーパーの健康食品コーナーや(Whole Foods MarketやTrader Joes'sなら必ずいくつかあるはず)、ヘルスフード専門店、スパイスショップなどで見つかります。Bob's Red MillArrowhead Millsなどのブランドはちょっと高めですがバラエティが豊富で取り扱い店が多いです。Barry Farmみたいにプラスチックの袋に入れて売ってあるところがあればもっと安く手に入ると思います。

      最近近所で胚芽米も手に入るようになったので、これを使えばさらにヘルシー。おいしく健康的なごはんが食べられて幸せ!なのです。

      左上から時計回りに、アマランサス、キノア、ソルガム、ミレット、カムート、胚芽米、黒ごま(写真はアマゾンのページにリンクしています)

      スポンサーサイト
      にほんブログ村 海外生活ブログへ

      テーマ : +おうちでごはん+
      ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちどり

Author: ちどり

ネットやラジオ、クチコミなどで知った実用的で生活に便利な情報をシェアしたくてブログを始めました。
» もっと詳しく
お問い合わせフォーム

ブログ内検索
Sponsored by
アクセス順人気記事TOP5
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ

管理人の厳選おすすめ!

自分で使ってみて本当におすすめのサービスだけをご紹介しています。

Dropbox
複数パソコンのファイルの同期に
超便利な「Dropbox


アメリカからも購入可能な
楽天海外販売

Ebates
1000以上のショップでキャッシュバックがもらえる「Ebates」(関連記事

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。